請求

財産分与で合意できなかったら?
財産分与は半々とは限らない?
離婚時の財産分与では生命保険はどうなる?
夫婦夫々の貯金は財産分与の対象になる?
離婚時の借金
将来的な年金や退職金
不動産の財産分与で払えない時はどうする?
財産分与にも税金がかかる?
離婚原因を作った方も貰う権利はある?
一度言葉で財産分与を放棄したら請求できない?

財産分与にも税金がかかる


毎日のお買い物に消費税がかかりますし、給料を得ていれば所得税もかかります。
市県民税や自動車税・・・本当に税金の支払いは常に付きまとってきますね。
これも日本という国に暮らしていくために必要な国民の義務なのですが・・・

さて・・・離婚するという場合には夫婦で築き上げてきた財産に関して、財産分与する必要があります。
協議で済めばいいのですが調停などに持ち込まれることも多く、とても大きな問題です。
この財産分与に関しては税金ってどうなのでしょう。
現金や不動産を分与するのですから、かかるとすれば贈与税などになると思われますが・・・預貯金や不動産、その外にも財産分与するものってたくさんあると思いますが、
税金がかかってくるものなのでしょうか。

まず、基本的に夫婦が協力し合って成り立つ結婚生活の中で、婚姻中の夫婦それぞれの立場、社会的地位、また財産の額などの違いなどを加味した納得がいく財産分与であれば、
財産分与について贈与税などの税金がかかることはありません。
預貯金を現金で相手方に支払うという場合、支払う側についての贈与税はかかりませんし、受け取る側も所得税がかかってくることはありません。
ただし、支払が現金ではなく別の「物」で支払うという場合には、「譲渡所得税」という税金がかかります。

また、結婚している間に住居を購入したなどの場合で、不動産の財産分与が必要という場合、支払を行う方としては、「譲渡」にみなされるため、
物と同じように譲渡所得税がかかってくることもあります。
物の中には、株、会員権なども含まれますので、現金にしてから支払うという方も少なくありません。

受け取る側も現金以外、たとえば不動産での財産分与を受け取るという場合には、不動産所得税がかかってきます。
またそれぞれの夫婦の事情があったとしても、一般的に見て分与される財産が多すぎる、という場合、この場合は「贈与」というみなされ方になるため、贈与税がかかってきます。
ただし、協議による財産分与ではなく、調停や審判、裁判となった場合には、非課税となります。