請求

財産分与で合意できなかったら?
財産分与は半々とは限らない?
離婚時の財産分与では生命保険はどうなる?
夫婦夫々の貯金は財産分与の対象になる?
離婚時の借金
将来的な年金や退職金
不動産の財産分与で払えない時はどうする?
財産分与にも税金がかかる?
離婚原因を作った方も貰う権利はある?
一度言葉で財産分与を放棄したら請求できない?

将来的な年金や退職金は財産分与する?


夫が外で仕事をしっかりできるのは、妻が家庭をきちんと守ってきたからこそ。
もし離婚ということになってたとえ妻が専業主婦であり、収入が全くなかったという状態であっても、財産分与対象にならないかというとそんなことはありません。
離婚する夫婦によって割合の違いがあっても、妻への財産分与分はあります。

夫が働いてきて妻が専業主婦だったという場合、退職金はどうなるのでしょう。
また、夫にも妻にも退職金があるという場合にはどうなのか?というと、退職金については共有財産としてみなされるため、財産分与対象となります。
夫の退職金であっても妻が家庭を守ってきたからこそ仕事ができて退職金をもらえるのです。
また、お互いに働いてきたという場合でも、お互いに協力し合って家庭を築いてきたのですから、お互いの退職金も、共有財産となり財産分与対象となります。

ただ、離婚するという時によって共有財産要素となるのかどうかが違います。
夫の退職金である場合、離婚が夫の退職前となると退職間近という状態であっても、もらえるかどうかの確定とはなりません。
つまり、不確定要素と考える場合もあります。
また、不確定要素という状態であっても、妻の離婚後の生活が不安ということで財産分与対象となったという場合もあります。
退職金の場合も、ケースバイケースということになりますね。

では年金などについてはどうでしょう。
最近多くなっている熟年離婚などでは、すでに年金を受け取っている年齢になっていることもあり、離婚と年金の問題は大きなものです。
年金が既に支給確定しているという場合には、財産分与対象となります。
逆に、支給確定が行われていないという場合には、退職金と同じで、支払があるかどうかが不確定という判断となり、財産分与対象にみなされないということになります。

退職金や年金については、確定か不確定要素なのかということが財産分与対象となるかどうかのポイントになるということですね。