請求

財産分与で合意できなかったら?
財産分与は半々とは限らない?
離婚時の財産分与では生命保険はどうなる?
夫婦夫々の貯金は財産分与の対象になる?
離婚時の借金
将来的な年金や退職金
不動産の財産分与で払えない時はどうする?
財産分与にも税金がかかる?
離婚原因を作った方も貰う権利はある?
一度言葉で財産分与を放棄したら請求できない?

不動産の財産分与で支払えないときどうする?


結婚してから住居を購入し結婚生活の中でそのローンの支払いを行っていたという場合、財産分与の際にその住居をどうするかということが問題になることが多いです。
財産分与の対象となるのは離婚する時現在の不動産時価から残っているローン残債分を差し引いて残った分となりますが、
ローン残債を支払い切れなかった場合はどうしたらいいのでしょう。

結婚生活の中で住居を購入しローンを組んで返済をしている夫婦が離婚となった場合、住居を売却しローン残債分を支払い残ったお金を財産分与として
分配するということができれば、それが一番問題なく財産分与できる方法となります。
でもそう簡単にはいかず、ローンを組んでいる金融機関の同意を得ることも必要となりますし、売却処分してもローンが払いきれないという場合には、
マイナス財産として残り、離婚した夫婦で協議し支払いを行っていくことが必要となります。

こうなると、かなり面倒なことになりますし、売却には税金もかかってきますので、多くの場合不動産を売却するということではなく、不動産の価値を見積もり
その不動産を譲り受ける夫婦どちらかが譲り受けないどちらかに財産分与分を支払うという方法が行われています。
この場合、固定資産税評価額を基本として見積もりをおこなう、また費用がある程度かかってしまいますが、はっきりと不動産の額を出すために、
不動産鑑定士などへ依頼するということもあるようです。

夫婦が暮らしてきた住居が、夫婦いずれかがもとから持っていた住居である場合などには、特有財産ということになりますので、財産分与の対象とはなりません。
また、夫や妻の親から住居を購入する頭金などの費用をだしてもらったという場合は、その夫婦が家庭生活を円満におくることができるようにと、
「夫婦がもらった財産」と判断し、多くの場合、夫婦の共有財産とし、財産分与の対象とされることが多いようです。

住居の問題は、費用が大きなものだけにかなりこじれてしまうことが多い問題です。
税金などもかかわってきますし、のちのトラブルとなることも多いので、慎重に協議が必要な問題です。